【レポート】あいのり夏号・おかみちゃん同行記(番外編)

8月17日(金)に開催しました「小さな仕事づくりから復興を考える車座座談会」
(ナビゲーター 風見正三先生、スピーカー足立千佳子&満尾彩希)
について、メアリーが記録をとってくれました♪

メアリー日記(番外編) 8月17日(金)

◎足立さん
女性の視点から被災した女性の支援をすすめている。物資などの支援を経て被災者同士や二次避難先の人々とのコミュニケーションをとるようにし(現状はここ)、最終的には被災した女性たちの経済的な独立を図っていく。その動きの中には編んだもんだらやおのくんなど被災した女性たちの手作りのものを売ったり、公的なコミュニケーションの場としてのうれしやを立ち上げたり暮らしを見つめ見直すための座談会などを設けている。

◎さきさん
津屋崎ブランチというNPO団体に所属していたときのお話。古民家の再利用のため日替わりカフェを企画し実行。店を開きたいが毎日は忙しいという人々の希望も叶い、利用料を割勘ではあるものの徴収もしていた。また古民家の再生に関しては、地元の方で再生に関わる仕事(修理屋など)をしていたお年寄りを中心にしてワークショップを開く。お年寄りの方も満足し古民家再生もできた。時には旅行者を巻き込み町作りをしていた。いずれも自分のやりたいこととニーズが重なり上手くいった。

◎風見先生
震災を越えるには今までの文明社会が奪ってきた自然の一部としての生命力を取り戻し、善意の繋がりを再び作り上げることが必要。そして復興には小さな仕事をひとりひとりに与え、暮らしや仕事はもちろん必要だが、地域が主体となり利益が循環する仕組みに変革することが鍵。地域主体の仕組みに加え地域資源を見つけてそれを経営する力も必要。そうすることで繋がりの再構築を図る。

◎まとめ
復興には全員に行き渡る支援や時には負担も必要。人と人との繋がりをより強固にして連携をとり、そして地域や地元の人が中心になり再び町を作っていくと上手くいくのではないか?

============
福岡の津屋崎で大学4年の1年間、起業して暮らしてきた満尾彩希さんとの出会い。
そしてご縁がつながり、現在、彼女は「うれしや」のオーナーである「かのファーム」の
社員となり、うれしやでも働いています。
彼女と話をしたときに、小さな仕事づくりという言葉がキーワードとなり、
福岡でのまちづくりと、東北での復興のストーリーが、魔女の中でひとつに重なりました。
そこで、彩希ちゃんと、風見先生との車座座談会を開きたい!と、考え、、、
座談会が実現されました。

座談会をする!と、決めたときには、彩希ちゃんはまだうれしやのスタッフではなかったし、
ましてや、この時期に学生さんをお預かりしているとは、予想だにしていませんでした。

が、暦使いでもある魔女の魔法は、不思議なご縁を導いているのですね。

メアリーがいてくれて、このように的確にメモをとってくれたこと、
また、メアリー自身の復興支援への何かのしるべとなったこと、
とても嬉しいときのめぐりでした。

============
おかみちゃん同行記(0)
メアリー日記(1)


同じカテゴリー(車座座談会)の記事
 【レポート】あいのり夏号・おかみちゃん同行記(10) (2012-08-25 09:24)
 ボランティアバス「あいのり夏号」体験車座座談会(1) (2012-08-13 09:53)

Posted by 管理人 at ◆2012年08月19日10:54車座座談会
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
【レポート】あいのり夏号・おかみちゃん同行記(番外編)
    コメント(0)