さざほざの目指すこと(1)

「さざほざ」は
・手仕事づくり
・食
・被災地の今を発信する
の3つの視点から、活動をします。

編んだもんだらをはじめとする被災地の女性の手仕事事業は
宮城県登米市にあるビジネスインキュベート施設「コンテナおおあみ」が
お母さん達のお仕事づくりとして展開していきます。

食については、
宮城の海と里と山をつないだ、美味しい食の在り方を提案するため、
登米市米山の「かのファーム」さんとともに、
仙台市内にコミュニティカフェ(うれしや)を経営します。

そうして、手仕事や、食、あるいはまちづくりの視点なども入れ、
さまざまな機会に、被災地の現状を仙台のみなさんにお知らせし、
仙台のみなさんが、全国に現状を発信でいるような取り組みをしていきます。

・・・さまざまな事業体、活動団体を包括しながらのプロジェクトに
なりますので、みなさまのご協力、ご指導を仰ぐ事も多くなるかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

さざほざの目指すこと(1)
2011年9月16日
ハミングバード・チャリティ一般財団法人さまからご寄付いただいた
「コンテナハウス」を、
岩手県北上市から「こけめ農園」の大将が運搬・設置してくださったときの写真。

現在、こちらのコンテナハウスは、手仕事アトリエ「さざほざ」として、
登米市南方イオン跡地仮設住宅のお母さんや、近隣に暮らすみなさんの
活動拠点として使わせていただいております。

所在地 宮城県登米市南方町鴻の木
活動日 毎週月曜日 午後1時から午後3時まで

同じカテゴリー(さざほざとは?)の記事画像
さざほざ、の由来
同じカテゴリー(さざほざとは?)の記事
 さざほざ、の由来 (2012-06-10 08:11)

Posted by 管理人 at ◆2012年06月01日07:00さざほざとは?
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
さざほざの目指すこと(1)
    コメント(0)