スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

【仲間を思いやる・・・】


昨日は、南三陸町志津川中瀬町のお母さん達と、編んだもんだら「ほたて」の特訓。

新作ウニの生産体制を整えるため、今まで寄木だけで作っていた「ほたて」を中瀬町のお母さん達にも作ってもらうことにしました。

中瀬町では現在「たこ」と「ひらめ」を作っているので、これで3アイテムの対応が可能になります。

が! 実は「たこ」しか編めないご高齢の女性が二人いらっしゃる。。。
新しいものを編むことができず、少し疎外感を持っているようだ・・・。
二人が編めるアイテムを考えてもらえないだろうか???と、特訓をしながら、リーダーのお母さんと、編み物上手のお母さんから相談をうけました。

そうだねえ、、、、簡単なものでは商品の価値がないし、、、
かと言って、新しいものは難しくてしり込みするし、、、
なにもすることがない~と、疎外感をもって、、、生きがい、やりがいをなくしているのはお気の毒だし、、、なんとかしてあげたいねえ~~~~と、編み編みしながら、あれこれアイデアを出し合いました。

そこで、お二人が編める物・・・を、すこ~しだけ作りなおして、新しいアイテムにすることに!!!
それはお二人専用のアイテムにして、他の人は作らないようにしよう!と、作戦を立てました♪

コミュニティの再生の中での編んだもんだらの取り組み。。。もともと考えていた視点が入るようになってきました。
お母さん達の力がついてきているのが実感できます。

嬉しい時間でした~。
(これからお二人専用の編み方を考えるのはちょっと大変だけど、がんばりまーす)