スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

編んだもんだら、タコその1

ご当地もののエコタワシを作ろう!
と、決め、
最初に作ったのは、志津川の「マダコ」です。


震災前、志津川で「おさかな通り」と名づけ、商店街活性化の活動をしていらした
故昆野慶弥氏と、青森県田子町の商店街活性研修の講師をつとめました。
そのご縁で、田子町と志津川の特産品を使ったお料理を考案して欲しいと依頼され、
志津川寒だらまつりで、「たっこたこライスサラダ」を披露したのが
2011年1月23日。

昆野さんには、田子町まで行く道中に、
これからの過疎地域の商店街が生き残るにはどうしたらいいか、
とか、
地元の子ども達が自分達の故郷に誇りをもつにはどうしたらいいか、
など、彼の熱い思いをいつも聞かせていただきました。

春になったら、田子町のにんにくとのコラボを本格的に始めよう、
その始まりとしての寒だらまつりでのお料理披露でした。。。

彼が津波で亡くなったと、息子さんからメールで知らせていただき、
そのとき、自分の無力さを悔い、
なにか自分が復興への活動に携わることができるときには、
志津川のタコをまちづくりのストーリーとしよう、、、と、
そのとき決意したのですが・・・。

まさか、タコの編み物をするとは、想定外でした(汗)

長くなりそうなので、つづく・・・

編んだもんだら・ご注文は・・・「こちら」をご覧ください。  


「編んだもんだら」って???

昨年の東日本大震災以降、被災地支援活動を続けているまちづくり魔女。
その活動は
RQ市民災害救援センター

RQ被災地女性支援センター

さざほざ
と、
その活動の場の形を変えてきていますが、
根っこにある思いはひとつ。

被災地と呼ばれる地に暮らす人たちの、自発的な地域づくりへの一助となりたい。

とくに、女性支援の必要性を痛感し、
女性たちの人権の尊重、コミュニティの形成、暮らし再建となる
ツールとして、編んだもんだらを作っています。

編んだもんだらは、
アクリル100%の毛糸で編んだ編みぐるみのようなタワシ。
洗剤を使わなくても水だけで汚れが落ちるエコタワシです。
作り始めた当初は、ご当地の特産品をモチーフにしているので
ご当地エコタワシと呼んでいましたが、
お母さん達の話から
昔はワラを「もじゃくって」鍋の底を洗ったりしていた・・・
そのもじゃくったワラタワシのことを「もんだら」と呼んでいた・・・
ということが分かり、
現代版「もんだら」だね~という話から
毛糸で編んだ「もんだら」

「編んだもんだら」という商品名をつけることにしました。

さざほざでは、
・被災地での女性の仕事づくり
・宮城の食を支える
・東北の暮らしの知恵を発信する
を、活動の3つの柱としています。

編んだもんだらは、まさに、東北の暮らしの知恵が
こめられた、お母さん達の手仕事であり、
さざほざのメインの活動として展開していくものです。



編んだもんだらの代金(500円)のうち、
40%が編み手のお母さん達に・・・
残りが原材料費、活動資金となります。

商品のひとつひとつに、編み手のお母さん達の名前が記されていて、
お母さん達へメッセージを送る事もできます。

被災地支援のひとつの形として、ぜひ、お買い求めください。

商品に対するお問い合わせ・注文
info@sazahoza.kontena.jp
まで。

みなさまの温かいお心、お待ちしております♪

編んだもんだら「タコ」  


バザールに出店したよ!

7月の後半は、てっぽうまちバザールと、
KURUKURUマルシェに出店したよ!

てっぽうまちバザールは、
鉄砲町和光公園に隣接している歩行者道路を会場に、
4月から毎月第3土曜日に開催しているんだって。

エキヒガシまちづくり分科会の活動発表会を
3月に公園で開催したのがきっかけ、、、なんだって。

それ以前には、コンテナントっていうまちづくり拠点での
産直市が近くで開催されて、、、その時に出店していた人たちの
ご縁もつながっているんだって。


八百屋さん、海産物屋さん、きのこ屋さん、パン屋さん、甘酒屋さん、
などなど、バラエティ豊かな出店者さんたちだったよ。


うれしやのお店。
ケークサレ、珈琲、おのくん、編んだもんだら って、
これまたバラエティ豊かな品揃えだね(笑)


うれしやの看板メニューは米粉のケークサレスティック♪
プレーン味と、情熱味、誘惑味の3種類。
情熱味、誘惑味は、ねの吉さんの情熱クリームチーズと、誘惑クリームチーズが
それぞれ入っているんだよ(^^)v


おとなりの甘酒屋さんで、売り子さんもしたよ(笑)
このおのくんは、そのまま甘酒屋さんちの子になったんだ♪


編んだもんだらたちも、甘酒屋さんちで大活躍(笑)


この日は寒くて、お客さまの出足も鈍かったけど、
鉄砲町和光公園公園愛後協会のおねえさんたちが、草刈り作業をしたあとに
たちよってくれたり、出店者どうしで情報交換をしたり、、、で
楽しい一日だったよ!


それがご縁で、一週間後には
KURUKURUマルシェに参加したよ!

これは、うれしやのいちごじゅーすぢゃないんだ。
甘酒屋さんオススメのトマトジュースの甘酒割り。
さっぱりしていて、美味しかった~♪

KURUKURUマーケットは、若林区中倉のお酒屋さんが
コミュニティスペースを店内に作って、近所のみなさんの憩いの場づくりを
これからするんだって。
飲食の許可もとって、お店に立ち寄ったお客さまがお茶っこできるように
したいな、って、言っていたよ。

店内の棚に編んだもんだらちゃんたちを置かせていただきました♪


おのくん仙台七夕バージョンたちも出張販売させていただき、
養子縁組が決まった子たちもいました~♪

よかった、よかった♪

また、なにかバザールがあったら、出店したいな♪